「咳」症状から調べる病気辞典 対策・原因・治療法
耳鳴り

【「咳」症状から調べる病気辞典】

喉に違和感を覚えることで起こる咳は、多くの病気で発生する症状の一つでもあります。
つまり、咳をするということは何らかの病気を患っている可能性を示唆しているのです。
咳はどのような病気で起こり、どのような諸症状を伴っているのでしょうか。
咳から病気を調べるためのヒントを紹介していきます。

「咳」〜症状から調べる病気辞典〜

喉がガサガサしたり、痰が絡んでいたりした時などにする咳は、本来病気によって引き起こされている症状です。
頻繁に咳が出ている場合、喉の不調よりも先に病気を疑うのは極めて自然なことと言えます。

咳の性質

咳は、くしゃみや鼻水などの自然な反射で起こる症状よりも重大に捉えられることが多いものです。
咳を起こす喉は、呼吸や食事などの生命活動に重要な役割を果たす部位であり、咳が出るということは喉に異常があるということでもあります。
つまり、咳は「呼吸や食事に影響を及ぼす病気が起こっている」ものとして考えられているからこそ病気の前兆として恐れられているのです。

咳が知らせるもの

咳は様々な病気によって引き起こされますが、主に気管支系の病気によって引き起こされます。
痰が絡んで咳が出る場合は、痰を分析することで病気の診断を正確に行なうことが出来ます。
咳に伴って発熱やくしゃみ・鼻水などが出るといった他の症状は、病気の絞込みに効果を発揮します。
咳は単体では悪いものではなく、身体に異変が起こっているサインそのものでもあるのです。

上へ戻る