【風邪】

風邪は身近にある病気の一つであると同時に、ほとんどの咳の症状の原因ともなる病気でもあります。
しかし、身近すぎるが故に侮られている病気であるともいえます。
風邪はどのような症状を示し、どのような治療をすればよいのでしょうか。
風邪について詳しく解説していきます。

咳と風邪

咳の原因の一つでありポピュラーな病気の一つである風邪は、季節の変わり目や薄着などで身体を冷やしている時に発症しやすい病気です。しかし、私たちは病気の代表格ともいえる風邪のことを侮ってはいないでしょうか? 風邪について詳しく解説していきます。

風邪について

風邪という病気は、医学的には「普通感冒」と呼ばれる急性鼻咽頭炎と風邪に似た症状を示す感染症の総称として扱われています。そのため、「インフルエンザは風邪の一種」という考え方も「総称としての風邪」から見れば間違いではないといえますが、実際には別の病気と考えるべきです。インフルエンザなどの風邪の種類に含まれる感染症には、マイコプラズマ肺炎や急性喉頭炎、咽頭結膜炎などがあります。これらの感染症は、原因となる細菌やウィルスが喉や鼻に感染することで発症します。

風邪の症状

普通感冒としての風邪の主な症状には、咳以外にも発熱・鼻水・くしゃみなどがあります。風邪を引いている時は安静にしているようにと言われるのは、これらの症状による疲労の影響が大きい為です。病気の自然治癒は体力勝負といえるので、症状の進行に伴う疲労は非常に大きなものになりうるのです。咳は一回につき2kcalを消費するといわれ、風邪を引いた際の体力消耗に一役買っているともいえます。普通感冒の場合、症状は1週間程度続いた後快癒する傾向にあります。

風邪の原因

風邪は特定のウィルスによって発症するものではなく、200種類以上に及ぶ細菌やウィルスへの感染を原因として発症します。風邪の原因となる細菌やウィルスには数百種に及ぶ近似種があるものや、その年毎の流行の傾向があります。そのため、毎年流行する風邪そのものに有効な治療薬を開発することは非常に困難となっています。「風邪の特効薬が発明できたらノーベル賞もの」と言われるのは、そのためなのです。つまり、市販されている風邪薬は風邪そのものを治す薬ではなく、風邪の諸症状を抑える成分を配合した自然治癒を手助けするための薬なのです。

風邪の治療

一般的に風邪の治療では、有効な特効薬が無いため出来るだけ安静を保って体力を温存しながら自然治癒を進める方法が取られます。安静を保つのと並行して、氷嚢などで熱冷ましを行いビタミンCなどの症状の改善に有効な栄養分の補給を行います。また、高熱や鼻水で失われる水分の補給も重要です。大部分の風邪は適切な治療を行なわないで悪化するような行動を取らない限り、悪くはならないものですが原因となっている細菌やウィルスの種類によっては安静にしていても回復の兆しが見えないこともあるので、医師の診断を受けた上で治療に入るようにしましょう。

上へ戻る