【気管支喘息】

咳を伴う病気の一つである気管支喘息は、他の病気よりも激しく体力を消耗する咳が出るという特徴を持っています。
スポーツを楽しむことにも支障をきたすほどの咳が出る喘息はどのような原因で発生し、どのような症状を伴うのでしょうか。
気管支喘息の実態について解説していきます。

気管支喘息とは

気管支喘息は、気管支に起きた炎症が原因となり慢性的な気道狭窄が起こる病気です。通常の気管支炎よりも気道狭窄が大きく、肺に送られる酸素の量も少なくなる為ちょっと走っただけでも咳き込むことがあります。

気管支喘息の原因

気管支喘息の発病原因は、アレルギーによって気管支喘息が発病する場合と、アレルギーと関係なく気管支喘息が発病する場合というように、アレルギーの有無によって二分されています。アレルギーを原因とする気管支喘息をアトピー型喘息、アレルギー以外の原因で起こる気管支喘息を非アトピー型喘息と呼びます。

気管支喘息と年齢

気管支喘息は、子供だけが発病するのではなく大人でも発病する場合があります。喘息は、アトピー型喘息を子供が発病するケースが多いのですが最近では大人が非アトピー型喘息を発病するケースが増えてきています。大人の喘息は、子供の頃に喘息を発病していない人にも見られるため、ストレスや過労が原因の一端になっていると見られています。

気管支喘息の症状

気管支喘息では、激しい咳と炎症に伴って発生した痰が症状として見られます。喘息で出る痰は粘着性が高く、痰だけで気道を閉塞させてしまうこともしばしばあるほど量が多いのが特徴です。喘息では咳だけがクローズアップされがちですが、痰もまた厄介なものであるといえます。

気管支喘息と咳

気管支喘息では、気管支が狭窄を起こしている為の咳がしばしば見られます。この咳は風邪やインフルエンザで出るものよりも、強い苦しさを伴います。肺に繋がる気管支が狭窄を起こしているので呼吸しても取り込める空気の量が少ない上に、咳で取り込んだ空気を吐き出さなければならないので、呼吸困難を引き起こす場合があります。
喘息による咳は、大気中のアレルゲンや有害物質に接触することで発生しやすくなります。気管支喘息での咳は、症状が悪化すると身体に与える影響が大きくなっていきます。重度の症状が出ると立っていられない所か動くことさえままならないほど強い咳が出て、命に関わる事態に発展することさえあります。

気管支喘息は治るのか?

医療の発達によって、治せなかった病気も治るようになってきていますが喘息は完全に治る病気になったわけではないといえます。気管支喘息の治療は、あくまでも「喘息の症状をコントロールして生活への支障を小さくしていく」ことを目的にしたものであるといえます。喘息への治療は、主に気体状の薬剤を患部に直接送り込む吸入器が使用されます。使用する薬剤は抗炎症ステロイド剤や気管支拡張薬などで、「喘息が起きていない状態の長期維持」を保つようにしていきます。

上へ戻る