【百日咳】

百日続くといわれる百日咳は、子供に多く見られる伝染病の一つです。
しかし、最近では成人の感染者から子供に二次感染する例が増加傾向にあるといわれています。
百日咳はどのような経路で感染していき、どのような症状を見せるのでしょうか。
百日咳の実態や治療法などについて紹介していきます。

百日咳について

咳を引き起こす病気の一つである百日咳は、子供を中心に発症する伝染病の一つでもあります。最近では子供だけでなく大人の感染例も急増しているため、より一層の注意を払わなければならない病気になったとも言えます。この百日咳とはどのような病気なのでしょうか?

百日咳の原因

百日咳は、グラム陰性桿菌に属する百日咳菌またはパラ百日咳菌への感染を原因として発症します。百日咳菌は、くしゃみや咳で飛び散った飛沫を取り込むことで感染する飛沫感染で二次感染していきます。飛沫感染は空気感染に近い性質を持っているため、感染者が人込みに紛れていると感染しやすくなります。
身体の抵抗力が出来上がっている大人が百日咳菌に感染すると、発症しないまま保菌を続けることになりやすいため百日咳金の感染源となってしまうケースが多いようです。

百日咳の症状

百日咳の症状は、二週間程度の潜伏期間を経て発症します。発症後の百日咳は全体で約2ヶ月にわたって症状が継続します。百日咳の主な症状としては、激しい咳と透明な痰、嘔吐があります。場合によっては肋骨を骨折してしまうケースもあります。また、生後6ヶ月以内の乳児が発症すると命に関わる場合があります。そのため、三種混合ワクチンによる予防接種が義務付けられています。

カタル期

百日咳の初期であるカタル期は、2週間程度続きます。カタル期に見られる症状は風邪に似ていますが、発熱が見られないのが特徴です。カタル期は発病原因となる百日咳菌の感染力が非常に高いため、人前に出ることは二次感染の危険性があるので厳禁といえます。

痙咳期

百日咳の二期である痙咳期では、1ヶ月前後に渡って激しい咳が続きます。痙咳期に入ると、激しい咳の為「百日咳顔貌」と呼ばれる目の周りのむくみが目立つようになります。痙咳期における咳の発作は、激しい咳が続いた後ヒューと音を立てるように長い呼吸をして終わるのが特徴です。咳の発作の途中で嘔吐するケースもあるため、看護者は嘔吐の処理後は二次感染に注意しなければなりません。

回復期

痙咳期が終わると、二週間程度の回復期に入ります。回復期に入ると咳の発作は目に見えて回数が減っていきます。回復期に入ると百日咳菌の感染力も低下して、めったなことでは二次感染を引き起こさなくなります。

百日咳の治療

百日咳の治療には、マクロライド系抗生物質の投与による化学療法が功を奏します。家で安静にする際には、加湿器で部屋の湿度を高めて喉の負担を抑えながら、室温を20度以上になるように設定します。百日咳への対処療法では咳き止め剤は使わず、去痰剤や痰の吸引を行っていきます。

上へ戻る