【亜急性甲状腺炎】

甲状腺は、基礎代謝に関わる甲状腺ホルモンを分泌する重要な器官ですが、病気を起こしやすい部位でもあります。
亜急性甲状腺炎も、甲状腺に起こる病気の一つです。
咳を引き起こす病気である亜急性甲状腺炎は、どのような原因によって発症しどのような症状を見せるのでしょうか?

亜急性甲状腺炎について

急性非化膿性甲状腺炎とも呼ばれる亜急性甲状腺炎は、2〜3ヶ月に渡って続く性質を持った病気です。短期と長期の間にあることから亜急性と呼ばれているこの病気は、咳などの風邪に似た症状を見せるのが特徴といえます。亜急性甲状腺炎とはどのような病気なのでしょうか。

亜急性甲状腺炎の原因

亜急性甲状腺炎の発病原因は未だ特定されていません。ウィルスへの感染が原因と考えられていますが、原因となっているウィルスが特定されていないのが難点といえます。 亜急性甲状腺炎を発症する人は女性が圧倒的に多く、男性の12倍以上の発症率を誇っています。特に30代・40代の女性が多く、該当する人は注意が必要です。

亜急性甲状腺炎の症状

亜急性甲状腺炎の初期では、風邪に似た症状が見られます。咳もその一つで、鼻水や発熱を伴います。初期症状が2週間程度続いた後、甲状腺の炎症に伴う諸症状が現れていきます。40度に達する高熱や後頭部の痛みが見られ、首を動かしただけでも痛みを感じることがあります。亜急性甲状腺炎では甲状腺の機能が炎症の影響で亢進されることがあるため、バセドウ病などの甲状腺の病気のような症状が表れる場合があります。バセドウ病の主症状である眼球突出、甲状腺ホルモンの異常分泌による多量の発汗、頻脈を原因とする高血圧などが見られる場合もあるのです。このような甲状腺機能の亢進は、体内に蓄えられている甲状腺ホルモンの材料であるヨードが底を付くまで継続します。

亜急性甲状腺炎の診断

亜急性甲状腺炎を発見する為には、甲状腺の検査が重要になってきます。ただし、非化膿性と言われるように外見からわかるような腫れを伴わないため、血液検査や超音波断層検査を行なう必要があります。血液検査では、炎症に伴って上昇するCRP値や低下する赤血球沈降速度が目安になります。また、類似した症状を持つバセドウ病との鑑別には放射性ヨード検査が行なわれます。バセドウ病の場合、甲状腺ホルモンの材料となるヨードを大量に取り込む性質を持っているため、亜急性甲状腺炎と区別することが容易に行えるのです。

亜急性甲状腺炎の治療

亜急性甲状腺炎は発病から4ヶ月ほどで自然に回復する病気です。そのため亜急性甲状腺炎の治療においては、対症療法で症状のコントロールを行なうことが重要になります。 亜急性甲状腺炎の対症療法では、炎症を抑える為のステロイド系の副腎皮質ホルモンもしくは非ステロイド系抗炎症剤の投与が有効です。副腎皮質ホルモンの場合、効果は大きいものの副作用が懸念されることや、投与を中断すると症状が再燃することなどが難点といえます。

上へ戻る